AOSHIMA VERTEX RIDGE TE3005 no.2

みなさま、こんばんわ~

今日はちょっとだけ進めます。

まず、フロントライトの部分をエナメルで塗りわけ。

a_te3005_023.jpg



その後、ガイアのExクリアを全体的に吹いて、デカール貼りの準備を
整えておきました~!

a_te3005_024.jpg




それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

AOSHIMA VERTEX RIDGE TE3005 no.1

続けて、新作に着手します!

私の所属するカーモデルサークルの「QUATTRO VALVOLE」の
ホビーフォーラム2012用のお題、「思い出の鈴鹿サーキット」ですが、
F1マシンが大半を占めるので・・・これはまずいと思い急遽製作開始です!

a_te3005_001.jpg




ちなみに、なぜ、このマシンが思い出の鈴鹿サーキットになるのかというと、
実は、2006年に鈴鹿サーキットでD1グランプリが初開催されました。

本当は、BLITZの「ER34 2006Ver」を作製したかったのですが、
どこにも在庫が無かったので、自宅にストックしていたこのソアラを
組み立てることにしました。

さらにいえば、このソアラは本当は2005年モデルで旧式となりますが、
上野選手がこの鈴鹿ラウンドの次戦より、2006年版のニューソアラを導入してきたので
ギリギリセーフですね(笑)

では、早速製作スタートです。

まず、シャーシですが、特に細かい塗り分けは今回は割愛するので、
すべてを組み上げてしまいました。

a_te3005_002.jpg



続いて、完成後は99%を占めるといってもいいボディです。

まず、パーティングラインを消します。

a_te3005_003.jpg



続けて、ボンネットに1箇所、トランクに2箇所あるボンネットピンを削り落とします。

a_te3005_004.jpg

a_te3005_005.jpg

a_te3005_006.jpg



そして、ヒケている箇所などにもペーパーをかけて塗装の準備をします。

a_te3005_007.jpg



1200番のサフを吹きつけます。

a_te3005_008.jpg




本体がちょっと暗めのメタリックレッドというイメージでしたので、今回は
サフの上から直接赤塗装をすることにしました。

フィニッシャーズのメタリックレッド(フェラーリF2008用の塗料)を吹き、
その上からクリアレッドを2層でコーティングしましたが・・・テール部を
コーティング塗装中に、フロントバンパーを塗装ブースのフィルターの塗料が粉末に
なって溜まっているところに触れてしまいましたので、ドライヤーで急速乾燥後、
ペーパーがけして、再度その部分だけにサフを吹き、様子見。
(ちょっと焦っていたので、そのときの無残な写真は撮り忘れてしまいました)

a_te3005_009.jpg



問題なさそうだったので、塗装工程をやり直してみました。

a_te3005_010.jpg

a_te3005_011.jpg



吹きムラも、そんなには目立たないですね!


お次はボンネットの塗装です。

この車種のボンネットはブラックの上にレッドを吹いた様なドス黒い色をしています。
まずは、ボンネット以外をマスキング~。

a_te3005_012.jpg



クレオスのメタルブラックとクリアレッドにフィニッシャーズのメタリックレッドの
3色を調合したメタリック色で吹き重ねてみました~。

a_te3005_013.jpg



そして、そぉ~っとマスキングを剥がしてみます。。。。

a_te3005_014.jpg



うん、久々の合格点ですね^^

これで、ボディはちょっと乾燥させます。

続いて、内装です。

付属するバケットシートにはシートベルト用の穴が開いていません。

a_te3005_015.jpg



これを、ピンバイス等を使用して、しっかりと開口。

a_te3005_016.jpg

a_te3005_017.jpg



さらに、リアウィング用のステーにはブラックを塗装。

a_te3005_018.jpg



内装の一部はメタルブラックで塗装。

a_te3005_019.jpg



残りはガイアの黒サフで塗装しておきました~

a_te3005_020.jpg



最後にホイールです。

メッキパーツになっていますが、内側のリムがメタルレッドとなります。

a_te3005_021.jpg



クレオスのクリアレッドを全体的に吹き重ねた後、溶剤を使用し、周囲の塗料を
ふき取ってそれっぽく見せることにしました!

a_te3005_022.jpg



さてさて、これで既に明日からD1マシンの大仕事となるデカール貼りに着手
可能です。

厳密なことを言うと、このマシンにはリアシートが無かったり、ロールゲージが
装備されていたりとキットと実車の違いがあります。(特に内装)

しかし、今回は外見重視でサクッと作ってしまう予定ですので・・・ご勘弁を><



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/
プロフィール

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる