FC2ブログ

TRUMPETER 1/72 CH-47A “CHINOOK” no.1

みなさま、こんばんわ~

フォーラムも終わり、一息。
新しいキットに着手します。

今回は友人にかねてから製作を依頼されていた初依頼品!
トランペッター 「CH-47A “CHINOOK”」

t_chnook_001.jpg


製作依頼といっても、金銭が発生するわけではありませんよ~
分野違いの初ヘリ製作でお金なんて取れません(笑)

この友人、チヌークに並みならぬ思い出があり10年くらい前にこのキットを買ったものの、
どう作ればいいわからず、周りに模型製作している人もおらずでずっと押し入れの中で
眠らせていたそうです。

最近、私が模型製作をしていることを知り、「遂に!!」ってなったそうです。
いや~、嬉しいですけどきれいに作れるかな~??


それでは恒例の中身をチェック!

t_chnook_002.jpg

t_chnook_003.jpg

t_chnook_004.jpg

t_chnook_005.jpg

t_chnook_006.jpg

t_chnook_007.jpg

t_chnook_008.jpg

t_chnook_009.jpg



ボディ横のなんか飛び出しているパーツを当ててみるとこの通り。

t_chnook_010.jpg

t_chnook_011.jpg



ここって接合面は残っているんですかね?
消しちゃっていいのか・・・手元にあまり資料がなく進めません^^;

もーちょっとグーグル先生に聞いてみます!

ブレードは先に接着できそうだったので、接着してクリップで圧着。

t_chnook_012.jpg



ボディの確認をしていますが、お尻の隙間、ちょっと気になりますね。。。

t_chnook_013.jpg



一度パテで埋めて彫り直したほうがいいのかしら?


そんな感じで借組みして、こんな形が見えてきました!

t_chnook_014.jpg

t_chnook_015.jpg



次回はまず内装の塗装を済ませてしまいましょう!



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

TAKARA TOMY 1/35 Dual Model Kit Bumblebee no.2

みなさま、こんばんわ~

今日もバンブル君を借り組みしていきます。

まずは頭部の骨格。

t_bumble_018.jpg



足。

t_bumble_019.jpg

t_bumble_020.jpg



これらをボディとつなげます。

t_bumble_021.jpg



さらに腕を取り付けて骨格は完成。

t_bumble_022.jpg



ここから外装をつけていきます。

t_bumble_023.jpg



そして・・・・2時間ほどかけてやっと全体像が見えました^^

t_bumble_024.jpg



カマロと並べても1/25と1/35の差であまりサイズ比較は参考にできませんね(笑)

t_bumble_025.jpg



以前に購入した映画一作目の時のバンブルと比較すると、やっぱり非変形モデルだけあって、
プロポーションは全然いいですよね!

t_bumble_026.jpg

t_bumble_027.jpg



借り組みを終えての感想ですが、方々で言われているように、このキットはパーツが緩すぎます。
未接着状態だと、パーツをはめているそばからポロリしていきます。。。

まぁ、私は今回は塗装のために接着予定だからいいですが・・・軽い気持ちで購入した人は悲劇かもしれませんね^^;


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

TAKARA TOMY 1/35 Dual Model Kit Bumblebee no.1

みなさま、こんにちわ~

今日は同時進行のもう1キットのご紹介です。

タカラトミー製「Dual Model Kit Bumblebee」

t_bumble_001.jpg



先日着手し始めたカマロのロボットバージョンです。

一度に黄色塗装したほうが色調も合っていいだろうということで、同時進行することにしました^^

内容はこんな感じです。

t_bumble_002.jpg

t_bumble_003.jpg

t_bumble_004.jpg

t_bumble_005.jpg

t_bumble_006.jpg

t_bumble_007.jpg

t_bumble_008.jpg

t_bumble_009.jpg

t_bumble_010.jpg

t_bumble_011.jpg

t_bumble_012.jpg

t_bumble_013.jpg

t_bumble_014.jpg

t_bumble_015.jpg

t_bumble_016.jpg



オプティマス同様、ランナー状態で一部は塗装済みです。

t_bumble_017.jpg



でも、塗装するのでマスキングしてラインを引かないといけないようです。
(デカールが付いていれば楽だったのに・・・・><)


実際の製作は次回から開始です!


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

Hasegawa 1/72 F-14D TOMCAT CHERRY BLOSSOM (完成)

みなさま、こんばんわ~

今日はF14D桜機の完成写真のご紹介です。

F-14Dトムキャット(CHERRY BLOSSOM)
登場元:ACE COMBAT6
使用キットハセガワF-14DCHERRY BLOSSOM
ボディ色:パープル+ホワイト+ブラック
グラデ塗装:上記調色パープル+色ノ源マゼンダ
汚し塗装:エナメル塗料のレッドブラウン+ブラックでウォッシング

DSCF3016[1]

DSCF3018[1]

DSCF3019[1]

DSCF3021[1]

DSCF3024[1]

DSCF3025[1]

DSCF3026[1]

DSCF3030[1]

DSCF3031[1]

DSCF3032[1]

DSCF3033[1]

DSCF3036[1]



今回はコンテスト用のため見えない裏側は極力手抜きしてます。
また、翼は固定用に裏から瞬着で固めてます。

DSCF3034[1]

DSCF3035[1]



そんなわけで何とか形にできたF14。
この機会じゃないと永遠に作られることがなかったように思えますので
完成できて満足です^^
本当はノーズ先端にピトー管というアンテナのような細いパーツがつくのですが
移動のことを考えて取り付けるのをやめちゃいました(笑)

今回の製作ではトラブルが2つありました。
まずは、デカールを曲面に密着させようとモデラーズの軟化剤を使用したところ、
塗装ごと溶け出し、下地が一部出てしまいました。。。

DSCF3038[1]

DSCF3042[1]



幸い、サフレス塗装をして、下地も紫地のプラで、あまり目立たない場所でしたので
ギリギリセーフというところでしょうか?


また、デカールを貼りつけ後、馴染ませるためにフィニッシャーズのオートクリアを
アクセルシンナーで薄めて吹きつけたのですが、グラデーション塗装の一部が
溶けて下地塗装のパープルが出てしまいました。
(写真では分かりにくいので割愛しますが・・・)

その瞬間はかなりショックでへこみましたが、乾燥後半ツヤクリアを吹いたら
あまり目立たなくなったので立ち直りました^^;

そんなわけで当ブログ2機目の戦闘機、無事に終了です。

次回はAerial HKの完成写真をサクッと紹介して、F1の製作記に戻りたいと思います。


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(完ω成)/

Hasegawa 1/72 F-14D TOMCAT CHERRY BLOSSOM (製作編)

みなさま、こんばんわ~

今日はF14Dの製作過程をサクッとご紹介しましょう^^

まずは主翼。
上下接着後、クリップでガッチリと固定しておきます。

h_f14_014.jpg



エアインテークの中身は無塗装のまま、全パーツを組上げ。

h_f14_015.jpg



これを機体下部に接着し、ここもクリップで固定しておきます。

h_f14_016.jpg



そんなこんなで工程は一気に飛び、基本塗装が終わった姿がこちら。

h_f14_017.jpg




紫はクレオスのパープルにホワイトとブラックを少量調色してあります。
その上の部分的なグラデ塗装は上記色に色ノ源のマゼンダを調色して吹いてあります。

h_f14_018.jpg



さらにエアバック部分以外をマスキング。

h_f14_019.jpg



ここにクレオスのグレーの338番を塗装。

h_f14_020.jpg



乾燥後、墨入れ兼ウオッシング。

h_f14_021.jpg



さらに一日置いて、一番の要、デカール貼りです。
冬なので冷水につけてしまうとデカールがバリバリに割れてしまいますので
沸騰手前のお湯を駆使して貼りつけていきます。

h_f14_022.jpg



デカール乾燥後、一度光沢のクリアを吹き、デカールを馴染ませたのち、半光沢のクリアを
3度吹きほどしてなるべくデカールの段差が目立たないようにしておきます。


最後はキャノピー。
このキットのキャノピーの中央にパーティングラインが入っているため、そこをペーパーと
コンパウンドで処理し、窓枠を塗り分けて置きました。

h_f14_023.jpg



苦戦しながらの1ヵ月弱で何とか形にすることができました!
もう面倒になって細かいパーツを一部つけていませんが・・・お気になさらないでください(笑)

h_f14_024.jpg



明日にでも、もうちょっと詳しい写真を撮ってご紹介しますね!



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる