白ロゴデカール自作への道 no.1

みなさん、こんにちわ~

今日はちょっと趣向を変えてタイトルの通り、自作白デカールへの挑戦です。

もちろん、アルプス製のマイクロプリンタを使用すれば一番楽ですが、
間もなくサポートが切れるものを今から購入するのはちょっと抵抗があり・・・。

海外専用で、OKIのレーザープリンタも白トナーがあるようですが、
日本での発売は今のところなし。

なんかいい方法ないかなーと思ってネットを漂っていたら今更ながら見つけました!
Hiro FUJISAKIさんのサイト 「闇鍋模型アーカイヴス」に紹介されている“F式WD”!!

今回はこの方法を丸々真似してみます。

まずは必須のアイテム、スタンピングリーフとコピックマーカーを渋谷の東急ハンズで購入してきました。

wd001.jpg



サイトによると白デカール製作の手順は以下の通り。
①白黒反転のロゴデータを作成しレーザープリンタで印刷。
②スタンピングリーフをかぶせてラミネーターで圧着
③フィルムをはがし、ロゴ部分だけを残す
④はがしたロゴのみの残ったスタンピングリーフをクリアデカールに圧着。

まずはデータ作成。
ちょうどメロン号のデカール作成中だったので、それを別用で作成していたF14Tの
デカールデータを反転させてインクジェットプリンタで出力。

wd002.jpg



もちろんこのままでは転写ができないのでコンビニに行き、コピー。

これにスタンピングリーフをかぶせます。
(マット地が下、光沢面が上です)

wd003.jpg



ラミネーターは持ってないので、本来の使用方法通り、アイロンで挑戦。

wd004.jpg



温度はいきなり“中”で始めたらしわしわに。。。

wd005.jpg


熱を冷ましたあと、スタンピングリーフをはがしてみると・・・みごとに失敗。
ハハハ・・・。

wd006.jpg


F14T用の“WEICHAN”だけはまずまずでした(笑)

wd007.jpg



何となくわかってきたので、今度はロゴをばらして、一つづつ圧着。
アイロンの温度も最初は“低”で始め、“中”と切り替えて圧着してみました。

wd008.jpg

wd011.jpg



最初に比べて皺はなくなりました~。

はがすときはそお~~~っとはがした方がいいみたいで、後半から気をつけ出したので
半分はまずまずって感じでしょうか?

wd009.jpg



細かい“UB”も最初と考えたらまずまず。

wd010.jpg

wd012.jpg



一回目の“WEICHAN”に比べたらわずかな進歩^^;

wd013.jpg



手持ちのコピーが切れたので、このままでカール圧着に挑戦してみましょう。

ミラクルデカールのクリアにスタンピングリーフを乗せてマスキングテープで固定。

wd014.jpg


最初の圧着とおなじ様にアイロンで圧着して、スタンピングリーフを剥がします。
(この熱が失敗でした)

wd015.jpg


テストピースに貼り付けようとしましたが・・・・。

wd016.jpg


横着してクリアコートしなかったので、ロゴがバラバラ殺人事件に・・・。
さらに、アイロンの熱が高すぎてデカール自体が台紙に溶けついてしまいました^^;

wd017.jpg


いやぁ~、書いてあるよりも難しい。
初日は撃沈ってことで(笑)

でも、うまくできれば今後も輝かしい可能性がある気がします!

ラミネーター・・・いきなり買うのはちょっとアレなんで、会社のを一晩借りてこようかな。


と、まぁ今日は失敗でしたが今後も挑戦を続けてみたいと思います。
今年はやっぱり壁師匠にデカール印刷を頼むことにしましょう!^^v

また、進展があったらレポートしたいと思いまーっす!


それでは今回はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる