スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAMIYA Red Bull Racing Renault RB6 no.3

みなさま、こんばんわ~

今日もRB6の製作です!

まずは、カウルからです。
昨日接着した合わせ目を処理するとともに、モノコックと繋がる部分の端に
僅かながらヒケが見られるので、忘れずに軽くペーパーがけをしておきましょう!

t_rb6_027.jpg



そして、整形が終わったカウル。

t_rb6_028.jpg



続いて、フロントノーズ。
昨日の接着跡を大まかに処理したら、さらに2パーツを接着して先端をくっつけます。

t_rb6_029.jpg



接着後。

t_rb6_030.jpg



ちなみに、表面処理を80%ほどで終わらせているのは今接着した先端との
均一な表面整形のために、一緒に仕上げようと思ったからです~^^


お次はエアインテーク。
まずは接着跡をペーパーがけします。
先のこの作業をしておかないと、特にステーの下部の処理が格段に大変になってしまいます^^;

t_rb6_031.jpg



完了後、両端にステーを取り付けましょう。

t_rb6_032.jpg



このステーは細かいので、私の場合は先に所定の位置に合わせます。

t_rb6_033.jpg



そして合わせ目に流し込みタイプの接着剤を多目に流し込みます。

t_rb6_034.jpg

t_rb6_035.jpg



正面から見ると、こんな感じになります~。

t_rb6_036.jpg



次はフロントの足回り。

t_rb6_037.jpg



2パーツの中にそれぞれポリキャップを2つづつ詰め込んで接着。

t_rb6_038.jpg



マフラーも2パーツ+先端の3パーツ構成。

t_rb6_039.jpg



接着して、乾燥後に合わせ目やパーティングラインの処理をしましょう~

t_rb6_040.jpg



カウルとリアウィングに繋がるパーツも昨日の接着跡をペーパーがけしておきます。

t_rb6_041.jpg



最後にモノコック。

サイドポンツーンとの合わせ目ですが、やっぱり無いように見えたので・・・。
瞬間接着剤を多めに盛り付けて埋めてしまいました!

t_rb6_042.jpg



アップにするとこんな感じです~

t_rb6_043.jpg



さて、これで残りは前後のウィングとサスペンション回りのパーツだけになりましたかね^^
進めるペースは人それぞれでもうデカール貼りにいっている方もいらっしゃるようですが、
私は焦らず、ゆっくりと丁寧に進めていくことにしましょう~!


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リア-ウイングにつながる部分はリアーウイングフラップと接着しない方がいいですよ ネオジオマグネットなど仕込むとないいですよ インダクションの牛は透けないので、インダクションのみ黄色でOKです

No title

yoshiさん

コメントありがとうございます。
リアウイングフラップ、了解です!
今回のキット、黄色の塗りわけをちょっと悩んでいたのですが、デカールが透けないならある程度はごまかしが利きそうです!
頑張って製作を進めていきます^^v
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。