スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Revell Piterbilt 359→379 OptimusPrime no.12

みなさま、こんばんわ~

今日も相変わらずのオプティマスさんです^^;

来週超えたらくらいからはF1も再開していく予定ですのでもうしばらく
お付き合いください^^;


ということで、今日はいよいよ最後の難関、リアフェンダーの製作に入りたいと思います。

まずは、Illustratorで簡単な図面を製作。

r_359_091.jpg



この図面を上に被せて、1mmのプラバンから切り出していきます。
一枚の切り出しが完了したら、プラバンに被せて、周りをなぞるように
Pカッター等で切り出していきます。

r_359_092.jpg



フェンダーの幅は30mmとしましたので、0.5mmのプラバンを切り出し、
なんとか必要なパーツがすべてそろいました~。

r_359_093.jpg



側面の裏の端にはガイドを兼ねて1mmのプラ角棒を接着しておきます。

r_359_094.jpg



覆いかぶさる0.5mmのプラバンは、両端に“曲げクセ”をつけておくと
接着がしやすいようです。

r_359_095.jpg



そして、なんとか片方を組み合わせてみました。

r_359_096.jpg



ちなみに、接着には瞬着を使用しています。
本来はプラ用接着剤の方がいいんでしょうけど、接着の反発を抑えるのが難しそうだったので^^;


1時間ほどかかり、左右のフェンダーを組み上げました~!

r_359_097.jpg



角は僅かながら曲面になるように削り落としていくので、内側からエポパテで
裏打ちをしておきます。

r_359_098.jpg



硬化後に、角を落として完成させてしまいましょう!



続いて、ボディです。
500番のサフを吹いて細かい傷などを埋めておきます。

r_359_099.jpg



400番のペーパーを使用して、表面をさらに磨きます。

r_359_100.jpg



ちなみに上の写真を見て分かるように、エポパテで幅増しした部分が僅かに
内側にたわんでいるようです。

これを直すのはちょっと手間なので、ここはこのままで行きたいと思います><


フロントフェンダーは大きな傷等が見当たらなかったので、1200番のサフで仕上げ。

r_359_101.jpg



ボンネットは、側面に僅かな傷が見えたので、瞬着を盛って整形。

r_359_102.jpg




お次は燃料タンク。

裏に3mmのピンバイスで2箇所に穴を開けて、シャーシに取り付けられるようにしておきます。

r_359_103.jpg



さらに500番のサフを吹いて、表面をペーパーがけ。

r_359_104.jpg



フロントバンパーも同様に表面を均しておきました~。

r_359_105.jpg



明日は、これらのパーツに新たに購入してきたクレオスの1500番のサフを使用して、
さらにはベースの白塗装まで行けたらいいなと思っています^^


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。