スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ 1/20 F10(2013年フィオラノ可夢偉号) no.10

みなさま、こんばんわ~

今日からは研ぎ出し作業です。

まずはお決まりのノーズから。
2000番のペーパーで表面を削っていきます。

f_f10_2013_043.jpg



その後、3種類のコンパウンドで磨いてこんな感じです^^

f_f10_2013_044.jpg



お次はフロントウイングの翼端版。

AMC製のデカールのこの部分がどっか行ってしまい、探してましたが
面倒なので、フジミ製の付属のデカールを貼り付けました。

f_f10_2013_045.jpg



アンダートレイにも、2013年用のデカール。

f_f10_2013_046.jpg



さてさて、どのようなコンパウンドを使用しているかという質問を受けたので、
ざっくりと紹介。

私が主に使用しているのは、こんな感じです。

f_f10_2013_047.jpg



2000番のペーパーで削った後、まずピカールで全体を磨きます。
たまに気分で、フィニッシャーズのファインから始めることもあります。

次にフィニッシャーズのミクロ。
そしてタミヤの仕上げ目で最後の最後にハセガワのコーティングポリマー

って感じです。

WEBを見てる限り、
「フィニッシャーズのミクロとモデラーズのトップコンパウンド、タミヤの仕上げ目は
どれが一番細かいのか?」
「ピカールの番手は何番相当か?」
等、いろいろな意見があり、私の方法が最適だとは思ってませんが、
ここ最近はこの順番に落ち着きました。

こんなものでも、何かの参考になれば^^



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。