スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAMIYA 1/20 F60(2013年モスクワ可夢偉号) no.2

みなさま、こんばんわ~

RA107の前後のウイング用の低温ハンダが入手できないため、しばらくはF60を優先的に
進めることにします^^

さらに、昨日指にピンバイスを差した箇所がまだ痛むので簡単に出来るところから^^;

と言うことでノーズの加工からです。

t_f60_2013_007.jpg



マジックで落書きを少々。

t_f60_2013_008.jpg



そして、躊躇なく前部を切り落とします。

t_f60_2013_009.jpg



これらを接着して、こんな形のノーズとなります。

t_f60_2013_010.jpg




ちなみこのノーズ、実車写真ではこちらとなります(笑)

DSC03685-600x429.jpg



もうお分かりですよね^^
今回はF10マッサ号以来、久しぶりのクラッシュモデルに挑戦しま~す^^v

写真と模型で、前部の奥側の長さが足りないんじゃないかと言う意見が聞こえてきそうですが・・・
正面の“KASPERSKY”のロゴと、奥側の破損部分をガイドにするとこうなってします。

ちなみにこのF60、動画は多くてもクラッシュ後の写真は意外に少ないんですね。
まぁ、そのままを製作するのは不可能ですので、あくまでも“らしく”がテーマで
一部は想像での製作となりますのでご了承を^^



モノコックは左右のパーツを接着して合わせ目を処理しておきます。

t_f60_2013_011.jpg



エンジンブロックとラジエーターも接着しておきます。

t_f60_2013_012.jpg



今回、僅かながら中身が見えてしまいますので、クラッシュ側だけは中身を
ある程度作りこんでおく予定です~。



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。