TAMIYA 1/20 F60(2013年モスクワ可夢偉クラッシュ号) no.22

みなさま、こんばんわ~

今日はアンダートレイの加工からです。

2箇所に2種類のナットを仕込みます。

t_f60_2013_133.jpg



合わせてモノコックの下部の受け側も削っておきます。

t_f60_2013_134.jpg



そして、ダメージ加工。
完全に想像ですが・・・イメージはブレてないかと^^

t_f60_2013_135.jpg

t_f60_2013_136.jpg



ここにボディを乗せるとこんな感じとなります~!

t_f60_2013_137.jpg



一部が白っぽいのは、最後に180番のペーパーで軽くやすった為に
黒サフがハゲてしまっているからです。

この上からもう一度黒塗装する予定ですが・・・このままでもおかしく無いかも^^


お次は片側のミラー。
下部を黒塗装し、裏側をマスキング。

t_f60_2013_138.jpg



ここにも黒サフを吹いて、マスキングを剥がしてこの通り。

t_f60_2013_139.jpg



さてさて、これで本体の工作はほぼ完了しました~。

これからはずっと考えていたジオラマの製作に移りたいと思います。
ジオラマの土台自体はそんなに難しいことはありませんが、それをやると
どうしても必須となるのが“ドライバー”の存在。

正直めんどくさそうだったので避けてましたがまだ一ヶ月あるので、
ちょっと挑戦してみましょう^^

使用するのはフジミのピットクルーセット付属のドライバー。

このキット、A、Bの2種類があり、それぞれにドライバーフィギュアが
付属しているのでとても助かりました。

もちろん、そのまま組んで載せただけではF60のコックピットに納めるのは
なかなか難しいので、背中、お尻、両腕を削りちょっと小さめに加工。
手の開き具合を広げて、足の長さも僅かに短く切り落としました。
(写真では分かりにくいですけどね・・)

t_f60_2013_140.jpg

t_f60_2013_141.jpg




このドライバーフィギュアをF60のシートに合わせるとこんな感じ。

t_f60_2013_142.jpg

t_f60_2013_143.jpg



「ちょっと右に傾いているのでは・・・」と思うかもしれませんが、
オンボードカメラを見る限り、左側をぶつけて、右側にハンドルを切っている
可夢偉選手が確認できましたのでこれでOKとします^^

とりあえず、このフィギュアの下地塗装と白塗装だけを施しておきました。

t_f60_2013_144.jpg



さて、この先どうなるか!?
お楽しみに~^^v



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる