TAMIYA 1/20 F60(2013年モスクワ可夢偉クラッシュ号) no.37

みなさま、こんばんわ~

今日はF60可夢偉クラッシュ号のラストスパート!

まずは、今日のお買い物から。
帰りがけに渋谷のハンズに立ち寄り、鉄道模型用の芝パウダーを買ってきました。

t_f60_2013_234.jpg



ちなみに余談ですが、帰ってからちょっと部屋を掃除したところ見事に
以前買ったまったく同じものを発掘・・・トホホ^^;


こちらを、木工用ボンドを水で溶いた水溶液を下地に塗ってパラパラと降りかけてみました。

t_f60_2013_235.jpg



一応、家からも水溶液を染み込ませてしっかりと定着させておきます。
ちなみにこの技法はBSジャパンで放映していた「鉄道模型ちゃんねる」で
紹介していたやり方をそのまま流用させてもらいました。

意外に他ジャンルの技法って面白いですよね^^


続いて、本体の最後の加工。
サスアームに0.3mmの穴をあけ、0.28mmのプラグコードを接着。

t_f60_2013_236.jpg



そして、アスファルトにガードレールをエポキシ接着剤で接着。
部分的に瞬着を使用してみましたがスチレンボードの表面がラッカー塗料で
コーティングされているせいか、溶け出さずにがっちりとプラ板を接着することが
できました!

この土台に、マシンを設置し、3枚目の布切れを“いい感じ”に絡ませると・・・・。



できました~~~~~!!!

t_f60_2013_237.jpg

t_f60_2013_238.jpg




・・・と言いたいところですが、これで99%は完成しているのですが
どうしてももう一点だけやりたいことが。

そのための部材を探してみましたがあると思っていた場所に見当たらず。

あれ、これって昨日のデジャヴ!?

ということで、明日、また帰りがけに渋谷立ち寄りコース^^:
明日完成ってことで(笑)



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

No title

布が剥がれるのって、マシン側じゃね?

No title

tomさん

どうもです!

情景としては
「この数秒前にクラッシュし、その際に布を巻き込み、風で前方に絡まってる」
って画を表現してます。
なので、この瞬間の壁には無傷な布が残っていると。
・・・って質問の意図に沿った返答になってます!?!?

No title

あ、なるほど。
ジオラマ上に無い過ぎ去った部分の布が、からまっているのね。
理解理解。
ジオラマ上でノーズの先の部分の布が剥がれて乗っているのかと思いました。
良く見るとノーズの先の布には、印刷が少し見えてますね。

完成、おめでとうございます!

タイヤスモークなのか、水煙なのか、綿の効果はいい感じですよ。

No title

エンジェルさん

改めて写真を見て納得しました。
確かに布が繋がっているように見えますね(笑)

無事に完成してホッとしてます^^
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる