1/20 Force India VJM05 no.13

みなさま、こんばんわ~

今日はメロン号のフロントノーズ加工です。

ご存知のようにVJM05のノーズは全体的に丸く膨らんだようになっています。
ですので、まずはプラ板の切れっ端を使用して大まかなアールのガイドを作成。

vjm5_060.jpg



ノーズ上部にポリパテを盛り、ガイドを当てがって大まかな形状だしをしておきます。

vjm5_061.jpg



ノーズ下部も同様に。

vjm5_062.jpg



そしてペーパーがけ。
このとき、キットのノーズ自体の角も削って全体的に丸くしていきます。

vjm5_063.jpg



お次はステー部分。
ステーの形状に合わせて0.5mmのプラ板を2枚切り出します。

vjm5_064.jpg



これをステーの裏に瞬着でガッチリと接着。

vjm5_065.jpg



そして、この上から瞬着パテを盛っていきます。

vjm5_066.jpg



パテを削って、7割ほど終了したノーズ。

vjm5_067.jpg

vjm5_068.jpg



最後に、ボディ。
サフ吹きをしてみたところ・・・。

vjm5_069.jpg



ガーーーーーーーーーーーーーーーーン><


仕方ないので、再び瞬着パテ盛り。

vjm5_070.jpg



これで最後になりますように☆




それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういった細かい傷、気泡埋めにはラッカーパテを使ったほうが楽な気がします。
瞬着パテは固すぎるせいか磨き残しが多くなるように感じます。
ただしラッカーパテを使うとスジボリが若干やりにくいですね。

No title

コメントありがとうございます!
今回の瞬着パテも失敗に終わったので、ラッカーパテを使用してみました。
どうなるか楽しみです^^
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる