スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEGASUS HOBBIES 1/32 HUNTER KILLER TANK no.6

みなさま、こんばんわ~

今日はいよいよハンターキラータンクの最終回!

まずはキャタピラ。
ゴム用の接着剤で接着。

p_hkt_057.jpg



これだけだと強度的に不安なので、接合面を0.28mmの針金で縛りつけておきました。

p_hkt_058.jpg



そして、足まわりをすべて接着。

p_hkt_059.jpg



頭にはパトライトも接着。

p_hkt_060.jpg



そして、最後に上下のボディを合わせて・・・・

p_hkt_061.jpg



ドドーーーン!
年内に完成できました!!

詳細な完成写真は明日にでもご紹介しますね^^



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(完ω成)/

コメントの投稿

非公開コメント

完成おめでとうございます(^^)
失礼かもしれないですが、綺麗なメッキ風塗装ですがスミ入れ、ウォッシング、汚し等はおこなわないのですか??
全く個人的な意見ですのでスルーしていただいて構いませんが、このままでは、少々おもちゃっぽさが残ってしまうかな...と思います。汚しまでは置いといてウォッシング等は必要かなと..申し訳ないです(*_*)

No title

Nozoさん

こんばんわです^^
ご意見、ありがとうございます!

実は昨日「完成」と書いていながら自分でもまだ一部迷っていまして。。

“ゴールをどこに定めるか”で完成という定義は変わって来ると思っています。
「実際に存在する戦車」というアプローチでしたら汚し塗装を入れるのですが、
「映画のプロップらしく」というテーマの場合・・・どうなんでしょう??
というのは、劇中では部分的なアップが数点あるのみで、あとは“引き”での登場
なので、実際のところどうなんだろう…って悩みだしました(笑)
ちょっと調査しますので、まだ未完成にしておきます!

優しいご意見は今後も大歓迎ですよ^^

No title

ゴム用の接着剤って、貼り合わせたい面の両方に薄く塗って、指がくっつかないくらいに乾燥させてから初めて貼り合わせるんですけども・・・。
ジュルジュルの状態で貼り合わせてから乾燥するまで固定するものではないですよ。
靴底の修理も、ゴムチューブのパンク修理も、ゴム対ゴムは同じ様に接着します。
カッチカチに乾燥し過ぎると一切接着しませんけども。
ちゃんとした工程で接着すれば補強用の針金も不要な程、接着力は強固ですよ。

No title

鍵屋さん

まさかと思い、チューブの裏を見てみたら同様のことが書いてありました。
ゴムの接着なんてやったこともなかったので全く知りませんでしたよ。
ご進言、ありがとうございます。

いえいえ・・・

「優しいご意見」が出来ない不器用者ですが、これでも靴修理や自転車パンク修理は”本業”の一つですから・・・
曲がりなりにもプロの端くれとしては見過ごせなくてですねぇ・・・つい・・・( ・ิω・ิ)
お役に立てれば幸いです・・・
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。