スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hasegawa 1/72 F-14D TOMCAT CHERRY BLOSSOM (製作編)

みなさま、こんばんわ~

今日はF14Dの製作過程をサクッとご紹介しましょう^^

まずは主翼。
上下接着後、クリップでガッチリと固定しておきます。

h_f14_014.jpg



エアインテークの中身は無塗装のまま、全パーツを組上げ。

h_f14_015.jpg



これを機体下部に接着し、ここもクリップで固定しておきます。

h_f14_016.jpg



そんなこんなで工程は一気に飛び、基本塗装が終わった姿がこちら。

h_f14_017.jpg




紫はクレオスのパープルにホワイトとブラックを少量調色してあります。
その上の部分的なグラデ塗装は上記色に色ノ源のマゼンダを調色して吹いてあります。

h_f14_018.jpg



さらにエアバック部分以外をマスキング。

h_f14_019.jpg



ここにクレオスのグレーの338番を塗装。

h_f14_020.jpg



乾燥後、墨入れ兼ウオッシング。

h_f14_021.jpg



さらに一日置いて、一番の要、デカール貼りです。
冬なので冷水につけてしまうとデカールがバリバリに割れてしまいますので
沸騰手前のお湯を駆使して貼りつけていきます。

h_f14_022.jpg



デカール乾燥後、一度光沢のクリアを吹き、デカールを馴染ませたのち、半光沢のクリアを
3度吹きほどしてなるべくデカールの段差が目立たないようにしておきます。


最後はキャノピー。
このキットのキャノピーの中央にパーティングラインが入っているため、そこをペーパーと
コンパウンドで処理し、窓枠を塗り分けて置きました。

h_f14_023.jpg



苦戦しながらの1ヵ月弱で何とか形にすることができました!
もう面倒になって細かいパーツを一部つけていませんが・・・お気になさらないでください(笑)

h_f14_024.jpg



明日にでも、もうちょっと詳しい写真を撮ってご紹介しますね!



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。