TAMIYA Lotus 102B JapaneseGP no.1

みなさま、こんばんわ~

パニガーレの完成の目処が立ったのでスケモ展用にもう一台製作してみます。
タミヤ製「Lotus102B」 + AMC(Rollout)製トランスキット

t_102b_001.jpg



実は私、このマシン(というかここら辺の時代のマシン)をまったく知りません^^;

ではなぜこのタイミングで製作をするかというと、冒頭に書いたとおり、「スケモ用」に特化しているからです。

このマシンとの出会いは2年前のスケモ展(第2回でしたでしょうか?)
私が製作したF2001フルディテール号の前に突如として並んだ俗に言う「102Bの壁」

t_102b_001.jpg


これを機にホビーフォーラムなどでも目にしていき、サブリミナル効果のように
カッコよく見えてきてしまいました(笑)

なので、今回は実写写真等の取材はほとんど行わず、クワ氏の製作した完成写真と
トランスのインストだけを頼りに製作していくことにします!
(細かい指摘は無しでお願いしますっ><)

まずはモノコック、カウル、アンダートレイを組み合わせて全体像をつかみます。

t_102b_002.jpg



そして、トランスの指示通り、アンダートレイの一部を切り取り、レジンパーツを当てがい接着。

t_102b_003.jpg


カウルも指示周辺でカットしておきます。

t_102b_004.jpg



その後、カウル前方にレジンパーツをあてがい、バランスの確認。

t_102b_005.jpg



これをアンダートレイに載せて位置の確認をしておきます。

t_102b_006.jpg



横のダクトパーツのマスキングテープで仮止めし、全体のバランスを再確認。

t_102b_007.jpg

t_102b_008.jpg



何ちゃってタイヤをあてがい、現在こんな感じです^^

t_102b_009.jpg



次回は一番面倒そうなカウルの処理に移行しましょう!



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、壁が見える・・・

No title

うめさん

まさかの僕も壁に参入です(笑)
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる