スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAMIYA Lotus 102B JapaneseGP no.8

みなさま、こんばんわ~

今日はリアウイングの塗り分けからです。
先端が緑になっていましたので、そこ以外をマスキングして緑塗装。

t_102b_043.jpg



そして一回目のウレタンを吹きつけておきます。

10時間後に中研ぎをしていましたがここでアクシデントが!!

もともと先をい急がなければいけないあまり、デカールが完全に密着してない状態で
クリアコート→ウレタンクリアに行ってしまいました。

そんな背景でテレビを見ながらのんきに1500番のペーパーで研ぎだしていたところ・・・。

t_102b_044.jpg



やっちまいました><


なので、久しぶりのミラクルデカールさんの登場。
PHENIXのロゴを自作し、白地のミラクルで印字出力。

あえてクリアを使用しなかったのは、残りのロゴを隠す必要があったので。
切れたTOMMYはもともとのキット付属のデカールを切り貼りしてごまかします。

t_102b_045.jpg



こうやってスポットを当てればバレますが、言われなければスルーできるレベルで
ごまかし完了!

ほっ。。。


モノコック先端のNichibutsuも破れてしまったので、白ミラクルで重ね貼り。

t_102b_046.jpg



この上から再びウレタンクリアを吹きますが、最初は通常の濃度で吹きつけ、
30分ほど空けて、シンナーで希釈したシャバシャバのウレタンクリアを重ね吹きして
表面を溶かしてなるべく均一な表面になるようにしてみました。
(このクリア硬化後はレジンのとの接合面や、先ほどお伝えしたデカールの密着不足等の理由から
 よほどの部分を除いてそのままコンパウンド掛けに行こうしちゃいたいと考えています)

t_102b_047.jpg



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。