スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAMIYA Lotus 102B JapaneseGP no.9

みなさま、こんばんわ~

一週間、更新をあけてしまいましたが、元気です^^
ちょっと旅行に行ってました(笑)

話題の羽田パニックにも遭遇し、昨晩の21時前には帰宅予定だったのに、
帰れたのは深夜1時過ぎですが。。。
(運よく、すぐにタクシーにありつけただけラッキーだったということでしょうかね^^v)

とまぁ、そんなことはさておき、製作製作。
まずはボディ系にコンパウンド掛け。

t_102b_048.jpg



急いでいたせいか、1500番のペーパーと間違えて400番のペーパーで
数回やすってしまった関係で完全には傷が消えませんが・・・スケモにはこれでいきましょう!

t_102b_049.jpg



リアウイング翼端盤も適当にコンパウンド掛け。

t_102b_050.jpg



これを組みあげますが、やっぱりリアウイングの接着は苦手でいらんところに
触れて接着剤が付くは塗装が剥がれるはで。。。

t_102b_051.jpg


なので、最後にこの部分に黒サフを重ね吹きして傷を隠しておきます。
そして組みあがったリアウイング。

t_102b_052.jpg



続けてリアの足回り。
マスキングを施します。

t_102b_053.jpg



この上からExシルバーを吹き、マスキングをはがしてこの通り。

t_102b_054.jpg



ここに細かいパーツを組み付け、リアの足回りが完成。

t_102b_055.jpg



お次はモノコック後部。
一部が黒くなっているの、その部分以外をマスキング。

t_102b_056.jpg



そして黒サフ。

t_102b_057.jpg



さらにフロントウイング。
コンパウンド掛けしたあと、黒いカーボン地部分のみを半光沢クリアでコートしておきました。

t_102b_058.jpg


そして翼端盤を接着して、フロントウイングも完成させます。

t_102b_059.jpg



硬化後、モノコックに先ほどのフロントウイングやサスアームを接着。

t_102b_060.jpg



最後はアンダートレイ。
後部にメタルックを貼りつけます。

t_102b_061.jpg



そして、リアの足回りを本接着。

t_102b_062.jpg



ここにモノコックとリアウイングを合わせるとこんな感じになります!

t_102b_063.jpg



ここまでくれば明日には完成できますかね^^


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。