FC2ブログ

Revell Piterbilt 359→379 OptimusPrime no.31

みなさま、こんばんわ~

今日は、リアフェンダーに付くブレーキライトからです。

WAVE製のUバーニアを使用して、下0.5mmほど削り、
“Oの字”のパーツに加工します。

r_359_239.jpg



これを6パーツ分、1時間ちょいかかりながら削りだし。

r_359_240.jpg



お次はマフラー。

先日塗装しましたが、あまりメッキ感が出て無い気がしたので、
全体をピカールで研磨。

r_359_241.jpg



その上から、ガイアのEXブラックで再塗装。

r_359_242.jpg



昨日サフ吹きした小物パーツもEXブラック。

r_359_243.jpg



先ほどのOの字パーツもブラックに^^

r_359_244.jpg



前半の削り作業で思わぬ時間がかかってしまったので、今日はここまでです~。


ここでちょっとご相談が。

このリアの青い線で囲っている箇所の楕円をどうすればいいか悩み中・・・。

Movie_Optimus_Prime_Truck_6[1]




10mm×3mm程度の大きさかと思われますが、こんな形にプラバンを切り抜ける自信は無いし、
プラ棒や真鍮線を使って曲げることも私のスキルでは難しいと思われます。

「100均等で見つけた」or「こんなディテールアップパーツはどう?」などという
ご進言をいただけないでしょうか><

週末には完成させる予定なので、それまでに皆さんのお知恵を是非><



それでは、今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

Revell Piterbilt 359→379 OptimusPrime no.30

みなさま、こんばんわ~

今日はシャーシの加工からです。

ちょっと前に、リアの一部部分を切断した箇所に、プラ棒とプラバンで造作。

r_359_228.jpg



適度に接着剤が乾燥したところで、ガイアの黒サフで塗装。

r_359_229.jpg



お次はシャフト。

シャーシを30mm延長したことにより、シャフトがインストどおりには組めません。

ですので、ギリギリの部分でプラ棒を2本重ね、土台を作製。

r_359_230.jpg



この上にシャフトを瞬着で接着。


r_359_231.jpg



上から見ても違和感は無くなりました~!

r_359_232.jpg




続いて、フロントのラジエーター。

サイバトロンマークを切り抜き、両面テープで貼り付け。

r_359_233.jpg

r_359_234.jpg



クリアデカールに印刷して張り付けたほうがよかったかも・・・。
まぁ、仕方ない^^;


さらにフロントバンパー。

r_359_235.jpg



ハンズのデコレーションコーナーで見つけた青いビーズを使用します。

r_359_236.jpg



これを、ライト基部に一つ一つ接着。

r_359_237.jpg



本当はLEDで光らせたい箇所だったんですが、総勢60基のLEDとなるので
電力がとても足りないし、配線もメンドイのであきらめました><

最後に、細かなアクセサリーパーツ。

1500番のサフで下地処理しておきました。

r_359_238.jpg



なお、ここにあえて記載していませんが、土曜の時点でボンネットとリアフェンダーには
新しいウレタンクリアを使用して塗装し、乾燥したみたいなので、本日、研ぎ出しを
終えておきました~!

結構いい感じにテカっております^^

ボディにも、改めて本日ウレタン吹きを施したので、木曜日あたりには研ぎ出しをして
ボディ待ちの作業を進めようと思います~!




それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

Revell Piterbilt 359→379 OptimusPrime no.29

みなさま、こんばんわ~

今日はリアの保護板を仕上げてしまいましょう!

東急ハンズで細めの鎖を購入し、接続しました。

r_359_219.jpg



これがボディのリアに付くと、こんな感じです^^

r_359_220.jpg



お次は、ボディのドアライン等のシルバー塗装。

まずはその部分以外をマスキング。

r_359_221.jpg



この上からクレオスのメッキシルバーNEXTを吹き付けてみました。

r_359_222.jpg




続いてこのドアの中に付く出っ張りを自作します。

2種類のプラバンを張り合わせます。

r_359_223.jpg



リベットは市販パーツを使用することにしました。

r_359_224.jpg



これを使用して左右4個づつ接着して、こんな感じです^^

r_359_225.jpg



最後に、ルーフにつくライト。

r_359_226.jpg


別途ブルーのライトに差し替えるので、先端を切り落としておきます。

r_359_227.jpg


さてさて、いよいよ残すところ1週間半!
間に合うか!?



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

Revell Piterbilt 359→379 OptimusPrime no.28

みなさま、こんばんわ~

今日はフロントバンパーの仕上げから行きましょう^^

ライト部分の枠ですが、下に向かって薄くなるように、
下半分をちょっと削ります。

r_359_204.jpg



このバンパーの横には、左右にアンテナみたいな物が付きます。

真鍮パイプと虫ピンで再現しましょう。

r_359_205.jpg



この真鍮パイプをバンパーの横に接着。

r_359_206.jpg



アンテナは塗装後につけるので、このバンパーは完成ですね^^


お次はラジエーター部分。

ライトの付け根にスプリングをつけてケーブルを再現。

r_359_207.jpg



このラジエーター上部には「サイバトロン」のマークが付きます。

イラレで2mm角のロゴを作り、そのサイズに0.5mmのプラバンをカット。

r_359_208.jpg



黒塗装の後、ラジエーターに接着。

r_359_209.jpg



この上からメッキ塗装を施しておきます~

r_359_210.jpg



続いて、リアの保護板。
チェーンが付く箇所を再現するのに、2mmのプラ棒に0.5mmの穴を開けて
0.28mmの針金をUの字に接着。

r_359_211.jpg



これを保護板に接着して、ガイアのExシルバーで塗装。

r_359_212.jpg



金属部分はすべてメッキ塗装~。

r_359_213.jpg

r_359_214.jpg

r_359_215.jpg




最後はエンジンのちょっとした加工。

映画のオプティマスの登場シーンを見ると、エンジン正面に赤いプラグコードが
3本程度繋がっているのが見えます。

なので、適当にでっち上げてパイピングしてみました。

r_359_216.jpg



ただ、ラジエーターを被せると予想通り、ほとんど見えない(笑)

r_359_217.jpg



最後にウレタン塗装です。

今回、新たに「マルチトップクリアSH」というウレタンクリアを入手してみました。
2:1の割合主剤と硬化剤を調合し、シンナー希釈いらずで吹けるらしいです。

r_359_218.jpg



ということはメッキ塗装の上からも使用できる!?
ということで、テストピースにメッキ塗装し、その上からこのウレタンクリアを
吹き付けてみました。

どうなることか、ご期待ください^^



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

Revell Piterbilt 359→379 OptimusPrime no.27

みなさま、こんばんわ~

昨日のマスキングに関しての質問をいただきましたので
簡単にご紹介しておきます~^^

パーツの大きさをベースに、AdobeIllustratorでファイヤーパターンを製作し、
レーザープリンターで出力しておきます。

(インクジェットで出すと滲んでしまう恐れがあるんで避けました)

適当な大きさに切り出し、上からマスキングテープを貼ります。

r_359_198.jpg



ハサミを使用して、内側を切り抜きます。

r_359_199.jpg



この時、本当はきれいな曲線を描くように切り出せれば一番なのですが、
どうしても直線的になってしました^^;



この切り出したマスキングテープの上に、オーバーコート用のマスキングテープを
貼り付けます。

r_359_200.jpg



これで、台紙から剥がした際にもヨレヨレとしなくなります^^


台紙からそっと剥がし、パーツの該当部分に貼り付けて、オーバーコート部分を
剥がします。
同時に、回りもマスキング。

r_359_201.jpg



この上からクレオスの1500番のサフを濃い目に調整し、低い気圧で
薄くゆっくりと吹き重ねていきました。

r_359_202.jpg



濃い目にしたのは、マスキングテープの密着が甘かったとしても、
内側に滲んでいくことを極力避けられると思ったからです。

さらに、バルケッタのマルチブルーを重吹き。

r_359_203.jpg



これで半乾燥後にマスキングテープを剥がせば完成です!
(剥がした写真をお見せできず、スイマセン)



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる