FC2ブログ

TAMIYA Lotus 102B JapaneseGP no.6

みなさま、こんばんわ~

今日はまず、ボディにサフ→Exホワイトを塗装。
(すいません、写真撮り忘れました)

その後、緑に塗装する個所だけを残してマスキング。

t_102b_032.jpg



このマスキングはオプティマス等でやったようにデカールをコピーし、
マスキングテープを2枚重ねて貼りつけ、その上から線に沿って切り取り、
上面のマスキング型を使用しています。

2枚重ねるのはコピー用紙がマスキングテープの糊にくっ付かない為です。

t_102b_033.jpg



そして、デイトナグリーンにExブラックを少々混ぜたグリーンで塗装。

t_102b_034.jpg



ドキドキしながらマスキングテープをはがします・・・・

t_102b_035.jpg



おぉ~~~、いい感じです!^^

若干はみ出た個所もありますが・・・この程度だったら楽に修正可能です^^

t_102b_036.jpg

t_102b_037.jpg



次回は大好きなデカール貼りですかね!


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

TAMIYA Lotus 102B JapaneseGP no.5

みなさま、こんばんわ~

今日は102Bのフロント部分のスジボリの修正からです。

以前に丸いスジボリを掘り直したのですが、円がずれてしまっていました。

t_102b_025.jpg



なので、黒い瞬着で一度埋めてしまいます。

t_102b_026.jpg



その後ハセガワのテンプレートを使用して掘り直しておきました~。

t_102b_027.jpg



続いてアンダートレイ。
目立ちそうな個所の押しピン跡をポリパテで埋めておきます。

t_102b_028.jpg



最後はカウルの形状修正。

トランス用に形状を修正しましたのでリアの部分に若干の隙間が開いてしまいます。

t_102b_029.jpg



プラ板を使用してこの隙間を埋めておきました。

t_102b_031.jpg



合わせてみると、こんな感じ^^

t_102b_030.jpg



これで大体の下処理は完了したので、次回からは塗装工程に移行ですかね!



それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

TAMIYA Lotus 102B JapaneseGP no.4

みなさま、こんばんわ~

今日は102Bのエアインテーク背後です。

まずはインストどおり、5mm程度カットし、メタルパーツを接着。

t_102b_022.jpg



接合面にパテを盛りつけます。
(ちなみに、二つの突起、アンテナかなんかだと思って丁寧に扱っていたらただのゲートでした・・・)

t_102b_023.jpg



そして、表面をならしてこんな感じです^^

t_102b_024.jpg



次回はサフを吹いて、先に進んでしまいましょう!


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

TAMIYA Lotus 102B JapaneseGP no.3

みなさま、こんばんわ~

今日はカウルとアンダートレイの接合面の処理です。
若干隙間が気になったので、アンダートレイ側にグリスを塗りポリパテを盛った
カウルを押しつけます。

t_102b_018.jpg



硬化後にはがし、表面をペーパーがけ。

t_102b_019.jpg



そしてだいたい下処理が終わったカウル。

t_102b_020.jpg



最後にサフを吹いて今一度確認。

t_102b_021.jpg



あと一歩ですね!


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/

TAMIYA Lotus 102B JapaneseGP no.2

みなさま、こんばんわ~

今日は102Bのサイドポンツーンの接着からです。

t_102b_010.jpg



トランスのキットはただ載せるだけですが、それだと位置決めが難しいので
0.6mmの真鍮線を差して、ピタッと止まるようにしてみました。

t_102b_011.jpg



レジンパーツを接着後、どうもカウルが若干歪んでいる気がして仕方なかったので
以前にF2002のアンダートレイを修正した時と同じ方法で熱湯風呂に。

t_102b_012.jpg



そのまま5分程度漬け込みます。

t_102b_013.jpg



湯から上げて冷蔵庫で30分ほど冷まして何とか修正完了。


冷気や水気を飛ばした後、接合面に1回目のポリパテを盛りつけます。

t_102b_014.jpg


240番のペーパーでガシガシ削っていきます。

t_102b_015.jpg



横のレジン製ダクトは左右の出っ張りを切り落としておきます。

t_102b_016.jpg



そして、接着してパテ盛り→削り→サフがけで今日はこんな感じで終了です~。

t_102b_017.jpg



まだまだ先は長いですね^^;


それでは本日はここまでです~。
今後ともよろしくお願いいたします!

(製ω作)/
プロフィール

カズキ

Author:カズキ
アクセス、ありがとうございます!
スケモ副会長として、新橋や静岡のスケモ展を盛り上げていけたらと日々奮闘中。
フェラーリのF1マシンを始めとするカーモデル中心に、他にもいろいろなジャンルのキットにも挑戦したいと思っております。

当ブログはリンクフリーですが、リンクを張って下さった方はご一報をいただけるとさらにうれしいです。
私のそれぞれの製作記が参考になるかはわかりませんが、温かい目で応援よろしくお願いしますね!

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
Formula1Modelers
検索フォーム
リンク
所属クラブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる